ダートバイクZIMから皆様へ。お知らせやブログなど最新情報をご案内します。

ZIMブログ

トップ > ZIMブログ > 湯布院ラリー3DAYS 2016

ZIM BLOG

湯布院ラリー3DAYS 2016

ZIMブログ

今年もこの時期がやってきました。

無題

湯布院ラリー!去年も行われたこのイベント。今年はなんと3DAYSにパワーアップしての開催!

 

今年も去年に引き続き社長とお客さん達が参加するみたいで2月ぐらいからそのラリーに出場するバイク(KTM250EXC-F)で乗り出し、今月入ってからラリーに向けた作りこみをしていました。

 

今回僕は特にお手伝いはせず社長が黙々とラリーバイクを作っているのを横目に、俺のKTMで成約してくださったお客さんのバイクの納車整備を淡々としていました(笑)

 

いやーあまりの忙しさにどんなイベントかも特に気にしてなかったのですが今見てみると、去年は2DAYSでの開催で今年は3DAYSとボリュームアップしたそうで!なんでも理由はラリーに参加される全国各地のライダーにいろんな林道や景色を楽しんでほしく、2日間では足りなくて3月の19・20・21の三連休を利用しての3DAYS開催になったそうです!

 

去年も社長が参加して帰ってくるなり、

社長「楽しかった!いやー楽しかった!ホント楽しかった!」

を連呼していたので、よほど楽しかったのでしょう(笑)

 

去年はでかいバイクでの出場だったので今年は軽いバイクをチョイス。

KTM250EXC-F(Sixdays)

北海道ではもっとでかい排気量のバイクで出るって言ってたような。。。

 

どうも今日そのバイクが完成したらしくちょっとバイクを見てみました。

全体その①

IMG_5272

おぉー!はっ派手なバイクに(笑)外装は僕のですね。

 

全体その②

IMG_5284

よーく見ると、ところどころにsixday仕様なのが分かりますね。
実はシートの中身は世界のNOGUCHIシート製を使っているそうです。
足回りその①
IMG_5275
実は今回奮発して前後ホイール新品導入なんです!いやー輝いてますね!笑
リヤスプロケットは2016年モデルのEXCシリーズで採用されているアルミスプロケットのオレンジアルマイトバージョンを採用!
そしてリヤディスクはこれまた新型で2016年モデルのSXシリーズで使われているリヤディスクです。カッコいい!どれも付けている理由はカッコいいからだそうです(笑)でもかっこよさ大事ですよね。
足回りその②
IMG_5285
フロントディスクにはSixdays仕様に標準装備されているフローティングディスクですね。
サスペンションチューニングパーツのSSPを装着(赤いパーツですね)これでフロントの接地感を増やす作戦です。結構体感できるくらい変わりますよ。林道など走る方におススメです!
操作系その①
IMG_5286
これはチェンジペダルの先だけをパワーパーツ製に交換していますね。確実にシフトするために純正よりさらに長くなったパーツです。Sidays標準装備のケースガードももちろん付けています。こういう細かいところでも変えることによって楽に乗れることができるそうです!
操作系その②
IMG_5274
分かりづらいのですが、じつはこれチタンステップなんです(笑)KTMパワーパーツ製でなんと作っているのは世界一のマフラーメーカーアクラポビッチなんです!最近当店で密かにブームのチタンステップです。リヤブレーキペダルの先もパワーパーツ製の大きいタイプに変更していますね。
ハンドル回りその①
IMG_5277
実にスッキリとしたコクピット回りですね。配線も綺麗に束ねているので、急なトラブルにも早急に判断しやすいようになってるそうです。メーターも純正ともう一つICOメーター(一番上の赤いメーター)という補正が可能なメーターを使うそうです。これはラリーでは常識なんだとか。
ハンドル回りその②
IMG_5279
近くに寄った写真です。マップケースは長年愛用している物で、電動でマップを動かせるタイプだそうです。マップケースはなるべく高く、目線をなるべく動かさなくて済むように高い位置に置くのがミソだそうです。
マップケースもKTMパワーパーツ製を使っているのでボルトオンです。
ハンドル回りその③
IMG_5280
これはエンデューロにもラリーにも欠かせないパーツのPHDSです。
KTMパワーパーツ製で当店でも大人気商品です。メリットはハンドルポストの部分にゴムのダンパーが入っており、それのおかげで手に伝わってくる、ちっちゃなギャップや振動を軽減させるパーツです。これを付けて速くなったりすぐに体感できるものではないですが、気付かないところで疲労軽減にものすごく貢献しています。
ハンドル回りその④
 IMG_5278
なるべく手元で操作できるように工夫されていますね。こうゆう細かいことの積み重ねでストレスなくライディングに集中できるようしっかりとバイク作りをしていくんだそうです。経験は財産ですね!
リヤ回り
IMG_5276
テール回りもシンプルでスリムになっていますね。
テールライトとリヤフェンダーの隙間にライセンスライトもしっかり装備。ちゃんと保安基準を満たしつつトラブルが無いようコンパクトに作られています。
全体その③
IMG_5273
僕にはできないラリーによるラリーの為のマシン作り。マシンを見ててそんな小さい物を変えたり、調整してどう違うんだろう?って思っていましたが説明を聞いて納得すること多々あり、やはり経験者の言葉は重みがありますね(笑)
なんせ社長日本国内はもちろん海外ラリーも何回もでてますからね!
写真には写っていませんが実はSTM製のスリッパークラッチも装着しているんです。これは僕自身もエンデューロでも使っているんですが、本当にいいパーツです。
それと最後にマシンをみて思ったのが配線の取り回し。
これがホント芸術的で綺麗で分かりやすく束ねているんです。ラリー中どんなトラブルが起こるか分かりません。そんなときに現場でアタフタしなくていいように配線はシンプルに!そして分かりやすくする。これをするだけで短時間で復帰することがきるんです。
貴方は愛車のバイクの配線のこと理解してますか?バイク屋さんに出して整備してもらってもトラブルが起きて現場で治すのは貴方自身です!
ダートバイクZIMではお客さんに渡す際、分かりやすいようにしてお渡ししますし説明もちゃんとします。
ラリーに関することなんでもいいです、バイクの準備にバイクを運ぶ手段に移動の事などぜひダートバイクZIMをご用命してくださいね!
尚今回の湯布院3DAYSラリーも北海道4DAYSラリーを主催しているSSERのパートナーSHOPです。エントリーや問い合わせ等の窓口にもなっていますのでお気軽にお問い合わせください。
PS 今回湯布院3DAYSラリーはZIMからは4人のエントリー。
北海道は何人参加するでしょうねー?北海道に行くメンバーも大募集してます!

2016.03.17

ダートバイクZIM